TNRについて

・収支報告

・TNRとは?

・にゃんこぽかぽか広場の活動


2020.4月報告書

■TNR No.015 2年前にぶーにゃんと出会ってたむぎわら♀(玄関前) TNR No.015 2年前にぶーにゃんと出会ってたむぎわら♀(玄関前)領収証
TNR No.015 2年前にぶーにゃんと出会ってたむぎわら♀(玄関前)
TNR No.015 2年前にぶーにゃんと出会ってたむぎわら♀(玄関前)捕獲後
TNR No.015 2年前にぶーにゃんと出会ってたむぎわら♀(玄関前)手術後
2017年の5月。裏庭の窓辺で寝てるぶーにゃんを外から見つめる猫さんが居ました。
TNR No.015 2年前にぶーにゃんと出会ってたむぎわら♀(玄関前)ぶーにゃんとの出会い1
姉がそれを見つけて「ぶーにゃん!ぶーにゃん!猫さんが来てるよ!」と爆睡してるぶーにゃんをゆっさゆっさ揺らした所寝ぼけ眼で起きたぶーにゃんがこちら。
TNR No.015 2年前にぶーにゃんと出会ってたむぎわら♀(玄関前)ぶーにゃんとの出会い2
その後逃げてしまったんだけど、ぶーにゃんが亡くなって1年がもうすぐ経とうとする2020年の4月、玄関先に1匹の猫さんがご飯を食べに来ました。
ガリガリに痩せたその子のカメラの画像と見比べて、あの当時の裏庭に来てた猫さんと同じ柄なのが分かりました。
この2年間の間に近所で見かけた事はなかったむぎわら猫さん。何とか捕獲しようと毎日ご飯を4回は食べに来てたので餌付けして、かなり警戒してたけど捕獲器で捕らえる事が出来ました。
のらねこさんの手術室に予約は入れて貰っていたので、夜に連れて行き翌日無事に手術を終えたので迎えに行きました。
この子には後日談がありますので、それはまた別ページでご案内しますね。

2020.3月報告書

■TNR No.014 虐待をされたクロネコ♀(小学校前) TNR No.014 虐待をされたクロネコ♀(小学校前)領収証
TNR No.014 虐待をされたクロネコ♀(小学校前)領収証(捕獲)
TNR No.014 虐待をされたクロネコ♀(小学校前)
TNR No.014 虐待をされたクロネコ♀(小学校前)
TNR No.014 虐待をされたクロネコ♀(小学校前)手術後
2018年末に地域住民の方達が保護団体に依頼して一斉避妊手術した地域猫ちゃんの中で一匹しっぽがおかしい子を1月下旬に見かけました。
獣医師さんとも確認した所、しっぽの途中が針金状の物でぐるぐる巻きにされており、しっぽ先が白骨化している状態でした。
のらねこさんの手術室の捕獲班の方にも協力して貰い捕獲を試みましたが、一度避妊手術の時に捕獲器で捕まってるのと、人間を警戒していて捕獲器があるとご飯に近づいても来ないため、一刻も早く捕獲して助けてあげたかったためプロの捕獲の方にお仕事を依頼しました。
無事捕獲・・・というか狩猟の様な形で捕獲出来たのですが、その際にトラップの勢いが強くて壊死していたしっぽが取れてしまったため、いつも相談に行く最寄りの交番に持って行った所、今までの対応とは違い大阪府警の生活安全課の方から専門の方が2名来られて、2時間ほど詳しく調書を取って下さり事件として捜査して頂く事になりました。
その際に何度も怪しいと思われる人物や家を聞かれましたので、今まで全て何かあやしい事があるとメモと写真をiPhoneに残していましたので全て報告致しました。
その後、手術の跡が分からなくなるまで注意深くお世話をしてあげて、周辺住民や学校や幼稚園や高校などにも相談に向かい対応して貰っています。

■TNR No.013 クロネコ♂(小学校前) TNR No.013 クロネコ♂(小学校前)領収証
TNR No.013 クロネコ♂(小学校前)手術後
TNR No.012と同日にたまたま小学校前で捕まったクロネコ♂さん。
どうぶつ基金さんから無料チケットは頂けて無かったのですべて実費です。皮下陰睾という体内にニャン玉が入ってる子だったので手術が複雑になりましたが無事終えれました。
この子はたまに小学校前で見かける子だったのでご飯あげもほとんどしてない子だったんですが、なんとうちの玄関先まで食べに毎日来ています。
それなりに離れてるのに後ろを付けて来たのか賢い子です。ただこの小学校付近は虐待が多いのでどの猫さんもビクビクして人馴れが厳しいです。
願わくば私の町は多くの住民から理解を得られてるので、こちらに住処を移動して欲しいものです。

■TNR No.012 キジトラ♀(公園) TNR No.012 公園の子達のノミダニ駆除領収書
TNR No.012 キジトラ♀(公園)手術後
首筋を触れる子は少ないので、3頭分のノミダニ駆除のアドボケートと、目やにがグズってる子にバイトリルを処方して貰いました。
後、しっぽを虐待された子を捕まえるため、のらねこさんの手術室の捕獲班の方に手伝って貰っていたので、ついでに捕まった公園のキジトラさんを避妊手術して貰ったんですが、手術済みで耳カットなしでした。
首輪もチップも無いので耳カットだけして元の場所に戻しました。体重が4.66kgもあるのでどこかでご飯を毎日貰ってると思われます。
毎日給餌に行ってますが、あまり量を食べないのでちゅ〜るとウェットなどの美味いものだけ食べに来てる子です。

2019.12月報告書

■TNR No.011 クロネコ♀(玄関先) TNR No.011 クロネコ♀(玄関先)罠
TNR No.011 クロネコ♀(玄関先)家中
TNR No.011 クロネコ♀(玄関先)手術後
TNR No.011 クロネコ♀(玄関先)領収証 捕獲対象は7月から玄関先に来てるクロネコ♂だったんですが、ガタイは良いのにとても警戒心の強い子で8月末にグレ夫を身代わりに罠を回避し、今回初めて玄関先に来たクロネコ♀を生贄にまた捕獲出来ませんでした。
まぁ多分この近所に居たであろう♀ネコさんが発情期前に捕獲出来たのでヨシ!としましょう。全く入れ替わってる事に気づかず、のらねこさんの手術室で♀だと聞いて「クロちゃん♀だったの!?」と一同驚いてたら夜にグレ夫にご飯あげに玄関を開けたらクロちゃん♂が「待っとったで」って鎮座してて腰が抜けそうになりました。
今回は初めてどうぶつ基金さんの無料チケットが当たったので、避妊手術代8000円が6600円割引きになり助かりました。

2019.9月報告書

■TNR No.001 グレ夫 TNR No.001 グレ夫 玄関先に来ていた黒猫さんを捕獲する予定が間違って捕まったダークグレー(♂)の子。成猫の2-3歳でしょうか。初めての捕獲だったので捕獲器はのらねこさんの手術室からお借りして、捕獲後もお水とご飯の入れ替えと清掃くらいしか捕獲器の暗幕を開けなかったため手術後に間違って捕獲したのに気づきました。
TNR No.001 グレ夫捕獲時 捕獲後も大人しく扱いやすい子でした。右目の喧嘩跡で瞼が腫れてまつ毛が裏返り眼球を刺激していたためお薬を塗って貰い、ついでにコンベニア注で化膿を抑える事にしました。普段は公園〜駅よりに住んでいる子であちら側は飲食店も多く感染症の子が多いのでワクチンも接種させて置きました。TNR後も定時にいつもの場所に居て残さずご飯を食べてくれる賢い子です。初めてのサクラカットの子ですが、やはり街中に自分が手がけた子が元気に暮らしてる姿を見れるのは嬉しいものです。
〜グレ夫のその後〜(19.12.28)
毎日かかさずご飯をあげに行っています。右目が塞がってるのは猫クラミジア結膜炎の可能性が高かったのでジスロマックの投与を1ヶ月続けた所、目やにも透明になり目も少し開く様になりました。さらなる治療には切開及び集中的に毎日目薬や軟膏を塗る必要があるため家猫にならないと難しい感じです。おとなしい子ですし懐いても居るので、必要性を感じた時は保護するかも知れません。

■TNR No.002,003 黒白ママ子猫 TNR No.002 黒白子猫 去勢前事前医療 TNR No.002,003 黒白親子 自宅近所にいつも居た黒白のママ猫が3回程出産していました。当時は16歳半の老猫ぶーにゃんを引き取り闘病生活に全力を注いで居たので、2年半後に天国に見送った後、彼も保護猫出身だったため自宅周辺の野良猫さんだけでも何とかしてあげられないかとTNR活動を始めました。ただ急な坂道が近く車がスピードを付けて上るため交通事故が多く、昔から人も動物も良く車に跳ねられる場所です。この黒白ママネコの子供も今まで2回車に轢かれ火葬まで見送ってるので、動ける様になった今現在やるしかないと捕獲に乗り出しました。
少しずつ自宅に誘導し玄関先まで毎日ご飯を食べに来てくれる様になりましたのでまずは子猫から捕獲しました。5ヶ月くらいの子猫との事なので里親さん探しをするためまずはケージを購入して人馴れをさせてたのですが24時間母親を呼ぶ鳴き声とここから出して!の訴えが凄くて参りました・・・。まず先にノミダニ回虫駆除とウイルス検査と爪切りなどをお願いし、去勢の予約枠はTNR No.001のグレ夫に使いました。 黒白ママネコも無事捕獲出来て翌日親子揃って避妊/去勢手術して頂きました。 TNR No.002,003 黒白親子 現在人慣らし中ですが、親子紹介動画も作成中なので完成次第各サイトや動物病院やSNSを通じて里親さんを探そうと思っています。親子セットが望ましいですがお母さんは4歳、子供は5ヶ月なのでなかなか難しいと思いますが頑張ろうと思います。


2019.8月報告書

■TNR No.000 ちびちゃん TNR No.000 ちびちゃん →◆Youtube  堺市の友人が捕獲した野良猫さんが白血病陽性で里親さん探しが難航するのが予測されたため、20年近く動画を趣味で作ってたのを活かしてSNSなどで拡散用の動画を作成してお手伝いしました。無事広いお家とお庭のたくさん動物を飼われて居て裕福なご家庭の白血病猫さんが暮らしてる場所にて一緒に家族として迎えて貰えました。

TNRとは?

猫をTrap(捕まえて)、Neuther(不妊手術をして)、Return(元の場所に戻す)の頭文字3つがTNRです。
まず野良猫さんの問題を解決するにはこれ以上増やさない事です。全ての野良猫さんに里親さんは見つかりません。特に人馴れしてない人を怖がるのを覚えてしまった子猫〜成猫や長年野良生活をして来た子を人間と同じ空間にて穏やかに暮らして貰うには途方も無い労力と時間とお金がかかります。もちろん理想としては野良猫さん1匹1匹に里親さんが見つかって安全安心で飢えの無い生活を与えてあげる事ですが現実的に無理です。それならば増える事だけでも不妊手術によって抑制してあげて、耳のカットされたサクラ耳の猫さんは地域猫として可愛がって貰うのが今の最善で最も効果的な方法です。
市からの助成金がある所も多いですが全額は持って頂けません。一部費用だけを資金援助受けれるのが今の現状です。


「にゃんこぽかぽか広場」の活動

個人で行って居ます。広範囲は体力的時間的にも無理なので、豊中市の自宅周辺の街を活動拠点にしています。現在保護猫3匹を一時預かりしており里親さん探し中ですので、一時預かり〜里親さん探しは無理ですが、今預かってる子達の里親さんが見つかればまた一時預かり枠が増えます。豊中市には他にも団体がございますがどこも手一杯な現状を踏まえ、個人が自分の目の届く範囲のTNR活動をしていくのが今後日本全国で重要な活動になると思い、少しでも活動が長く出来る様現在どうぶつ基金様の方に不妊手術の無料チケット申請を行っています。豊中市の助成金もありますが、豊中市の動物病院はTNR活動に力を入れてると謳ってる病院でも非常に高く、現状隣の池田市ののらねこさんの手術室にお願いするのが一番費用的にも安くなります。自宅からとても近い所にあるので、いつも色々アドバイスを頂き良くして頂いています。



Contact

© 2019 Daichanpu All rights reserved.